うつ病を予防する5つの方法

imasia_758420_M

うつ病は、心の風邪?
誰もが罹る可能性はあります。
ちょっとしたきっかけで?
うつ病になることもあるため、
常にうつ病予防に気を配りたいものです。

・うつ病を予防する5つの方法
1.楽しいことを考える
2.生活習慣を整える
3.紫外線を浴びる
4.ストレスを溜めない
5.相談相手を見つける

では具体的に解説してみましょう。
1.楽しいことを考える。
人間は25時間周期?
故にだらだら生活していると?
1日1時間ずつずれていく?
これこそ朝早起きが辛い反面夜更かしができる理由とも言われています。
週末とはいえ、ついつい夜遅くまで起きていると?
月曜日の朝が憂鬱になる!
誰しも経験することです。
そこで月曜日の朝爽やかに起床して出かけるためには?
楽しいことを考える!
上手くいくイメージをする!
変に心配事を抱えると?
熟睡できず、結果として朝起きられない!
悪循環に陥ります。
睡眠前に限りませんが、どんな時でも楽しいことを考える!
これがうつ病に対する基本的な予防法です。

2.生活習慣を整える
生活のリズムが崩れると?
ホルモン系も崩れるため、体調も崩れる!
そして精神的なバランスも崩れる!
心と身体は一体です。
そういう意味では?
睡眠の周期が基本になるので、休日であっても朝寝坊したり夜更かししない!
つまり生活習慣を整えることが大切です。
もちろん暴飲暴食を防ぐなど、食生活も正しましょう。
適度な運動もして生活習慣を整えれば?
うつ病のみならず、生活習慣病を含めた様々な病気が予防できます。

3.紫外線を浴びる
昨今は紫外線の悪影響が多々指摘されます。
もちろん皮膚がんを助長する?
報告があるようです。
しかし適度に紫外線を浴びないと?
骨が脆くなる!
身体のリズムが崩れるとも考えられています。
一方で朝起きたら日光を浴びる!
これで睡眠周期がリセットされ、夜の相応しい時間に睡魔が襲ってきます。

夜型の人間?
本来はありえません。
健康な人でも天気が優れないと気持ちも優れない?
冬や北国ではうつ病になりやすい?
研究結果もあるので、うつ病予防を含めて積極的に紫外線を浴びるように工夫してみましょう。

4.ストレスを溜めない
うつ病になりやすい人は?
真面目タイプ!
指摘されます。
つまりストレスを溜め込んでしまう人たちです。
もちろん人生一寸先は闇ですが、超楽天主義!
まずうつ病にならないような人たちです。

ものごとは考え方次第です。
良い面もあれば悪い面もある!
欠点も見方を変えれば長所になる!
そうするとストレスも溜まらない!
対人関係のストレスもあるでしょうが、他人は他人!
KYと言われても?
それを貫き通せば性格になる!
ほんの少し肩の力を抜くだけで?
ストレスを溜めることなく、うつ病の予防につながります。

5.相談相手を見つける
うつ病になりやすい人の、もう一つの特徴は?
相談相手がいない!
他人に愚痴をこぼすことでストレス解消になっている?
そんな説もあるようです。
無駄話?
ある意味では健康には有益!

もちろん友達がいない?
すなわち人間関係が上手くいかない!
それがうつ病の原因でもありますが、ならば?
心療内科を受診してみたり、地域のサークルなどに参加してみましょう。
相談相手を見つけて自分の思いを打ち明ける?
それだけで気持ちが楽になり、うつ病を予防できる!
眉間のしわも消えるようです。

以上、日々心掛けてみましょう。
とはいえ?
気にしすぎると、それがうつ病の原因になることもあります。
何事も適度が大切です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP