ぎっくり腰を予防する5つの方法

Young man with back pain isolated on white

ぎっくり腰になると?
1人でトイレにも行けない!
1週間会社を休む?
自分が情けなくなります。
恥をかかないように?
ぎっくり腰の予防に徹しましょう。

・ぎっくり腰を予防する5つの方法
1.無理をしない
2.筋肉を鍛える
3.左右のバランスを考える
4.身体を冷やさない
5.前兆を知る

では具体的に解説してみましょう。
1.無理をしない
引越しで重い荷物を持ち上げようとしたら?
ぎっくり腰になった!
会社でも?
資料の詰まったダンボールを持ち上げようとしたら?
もちろん上げるだけではなく?
座ったままの無理な姿勢でも!

自分ではわかりませんが、腰には大きな負荷がかかっています。
そもそも二足歩行するようになったことにより、人間の腰は爆弾を抱えるようになった?
指摘があります。
今までぎっくり腰の経験がない人も?
予防に努めて無理をしない!
これが大切です。

軽い荷物であっても?
腰だけではなく膝を使う!
逆にそちらの方が?
スムーズに物を運べるものです。

2.筋肉を鍛える
ぎっくり腰の要因は人それぞれです。
しかし基本的に腰の筋肉が鍵を握っています。
筋肉が十分に腰を支えていれば?
多少無理がかかっても?
ぎっくり腰にはならない!

昨今は座り仕事が増えて腰に負担がかかる一方で筋肉が萎えている?
正反対のように思われるかもしれませんが?
腹筋を鍛える!
すると背筋や腰筋も鍛えられます。
また姿勢を正す!
猫背だとぎっくり腰になりやすい?
ぎっくり腰を予防するためには?
適度な運動で筋肉を鍛えましょう。

3.左右のバランスを考える
無意識に利き腕を使う!
当たり前の行為ですが、これが左右のバランスを崩している?
カバンをいつも同じ方の手で持つ?
電車内で立つ時も?
体重をかける足は決まっている?
これらは左右のバランスが崩れている証拠!
場合によっては背骨が曲がっている?
可能性は否めません。
大人になれば矯正も難しいですが、常に左右のバランスを考える!
ぎっくり腰を予防する上でも重要です。

ぎっくり腰の原因は?
左右のバランスに反して負荷がかかるから!
指摘があるようです。
少し踵を上げて立つ習慣を付けると?
バランスも姿勢も良くなる?
全体的な病気や怪我の予防に効果的です。

4.身体を冷やさない
一見関係なさそうですが?
身体を冷やさない!
ぎっくり腰の予防につながるようです。
冷え性の人はぎっくり腰になりやすい?
ぎっくり腰は冬に多い?
報告があるようです。
つまり冷えて体が堅くなっている?
血行が悪くなっている!
理由がありそうです。

適度な運動を続ける!
ゆっくりお風呂に入る!
冷たい物を食べ過ぎない!
熱中症予防以外では身体を冷やさない!
生き物の大原則です。

5.前兆を知る
ぎっくり腰経験者は?
ぎっくり腰の前兆を知っているものです。
ぎっくり腰は癖になります。
あっ?
ぎっくり腰になりそう!
無理は止めましょう。

かっこつけようとしても?
ぎっくり腰なら恥をかくだけです。
何事も前兆を知る!
神のお告げ?
従いましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
ぎっくり腰のきっかけは人それぞれですが、ぎっくり腰には明白な理由があります。
それぞれに応じた予防法を試してみましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP