くも膜下出血を予防する5つの方法

pixta_11911739_M

若い人でも油断できないのが?
くも膜下出血です。
発症すれば命に直結する病気です。
日頃から予防に徹したいものです。

・くも膜下出血を予防する5つの方法
1.血圧を下げる
2.生活習慣病を予防する
3.禁煙
4.前兆を見逃さない
5.リスク要因を避ける

では具体的に解説してみましょう。
1.血圧を下げる
くも膜下出血は循環器系疾患です。
ということは?
高血圧と無関係ではありません。
実際に高血圧の人は?
くも膜下出血のリスクが倍増するようです。
またくも膜下出血の前段階である動脈瘤も?
高血圧の患者さんで生じやすくなる!
血管に負荷をかけるため当然でしょう。
そういう意味でも血圧を下げる!
それだけでくも膜下出血のほとんどを予防することができるようです。
若いから大丈夫!
油断していると?
くも膜下出血は30歳代でも少なからず発症しています。

2.生活習慣病を予防する
生活習慣病を予防する!
これがくも膜下出血を予防する意味では?
基本的なことです。
すなわち栄養バランスのとれた食事をする。
適度な運動をする。
十分な睡眠時間を確保する。
規則正しい生活をする!
そうして血圧をコントロールしましょう。

また動脈瘤を作らないためには?
動脈硬化を予防して血管を労わる!
そのためも生活習慣病を予防する!
すべてにつながる話です。

3.禁煙
くも膜下出血が循環器系疾患であるならば?
その予防には禁煙が不可欠です。
もちろんヘビースモーカーで長寿!
そんな事例もあります。
それでもくも膜下出血の悲劇を避けたければ?
禁煙に勝るものはありません。
喫煙量の多寡ではなく、喫煙の有無でリスクが変わります。

4.前兆を見逃さない
くも膜下出血が発症する前には?
頭部に動脈瘤があるはずです。
それが破裂すると?
くも膜下出血です。
そういう意味では?
動脈瘤が破裂する前に発見する!
これがくも膜下出血を予防法する上では?
極めて重要です。
そして発見されたら?
可及的速やかに除去する!

とはいえ通常の定期健診では?
動脈瘤をチェックできません。
ならばどうするか?
前兆を見逃さない!
一般的にくも膜下出血の前兆として?
めまいや吐き気!
頭がボーっとする?
目が見えづらくなる?
ただしこれらは一過性なので見過ごしがちです。
それでもいつもと違う?
そう感じたら?
見逃さずに専門医の診断を受けましょう。

5.リスク要因を避ける
くも膜下出血には?
いくつかのリスク要因が知られています。
つまり小さなリスク要因を避ける!
くも膜下出血の予防に関しては?
有効とされています。

例えば遺伝的要因!
これからは逃げられません。
しかし親類に病歴があれば?
生活習慣病を避ける!
これが必須です。

またストレスもリスク要因です。
自律神経系やホルモンバランスが崩れるので?
血管系にも影響が及ぶようです。

さらに頭を打ったり衝撃を受ける!
これも脳の血管に対してダメージを与えます。
その場では問題なくても?
後々徐々に傷口が大きくなる?
稀ではありません。

なおメカニズムは不明ですが?
輸血歴があるとくも膜下出血のリスクが高まる?
言い換えれば?
他の病気や怪我も避けるべし!
そういうことです。

以上、日々心掛けてみましょう。
くも膜下出血は突然やってくる!
そんなイメージもありますが?
備えあれば憂いなし!
予防に徹すれば?
健康に暮らせます。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP