すぐに病院へ行けない時の対処法

結膜炎のような症状が出た場合には、出来るだけ早く眼科に行ったほうが良いと言われていますが、すぐに病院へ行けない場合には、どんな風に対処したら良いのでしょうか。
種類によっても異なりますが、結膜炎は、目薬などを使って治療しないと、病気が自然に治る事は無いと言われています。
ただ、仕事が忙しい、すぐに休みが取れないという場合には、症状を悪化させない為の対処が必要だと言えるでしょう。
まず、結膜炎は目をこすると、かゆみがさらに強くなり、症状が悪化すると言われています。
特に、春先などの花粉のシーズンと重なると、花粉症なのか、結膜炎なのか分からないケースもありますし、症状も重くなると言えるでしょう。
また、無意識のうちに目をこすらないように、寝ている間は、水中眼鏡をかけて、目をガードすると言うのも、結膜炎の治療法として行われています。
そして、結膜炎は、他の人にも感染するので、結膜炎に似た症状が出たら、目に眼帯をかけて、目にさらったら、しっかりと石鹸で手を洗う事も重要です。
どうしても、目が痒いという時は、水で目を洗うのもオススメですが、出来れば市販されている目の洗浄液を使うと良いでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP