どの位もつ?

近年はインプラントを利用する人が増えていますが、実際問題として、インプラントはどの位もつ?のでしょうか。
もちろんメンテナンス次第ですが、一般的には半永久的とされており、歯科医においては5年程度を保証期間と考え、この間に何らかのトラブルが生じた場合は無償で再手術をしてくれるケースが多いようです。
ちなみにインプラントはどの位もつ?と心配する方は、日々の歯磨きを工夫することが大切です。
つまりインプラント自体は耐久性があり虫歯にもなりませんが、それで安心して歯磨きが疎かになり、周りの歯を傷めたり、歯周病を引き起こし、他の歯を悪くする結果になりがちだからです。
一方でインプラントはどの位もつ?かは歯科医の施術次第という点も見逃せないので、実施に際しては納得するまでカウンセリングをしてくれる熟達した歯科医やクリニックを選ぶことが重要です。
とはいえ自分の歯を守るのは、歯科医ではなく自分です。
インプラントにする理由として歯周病に伴い歯が抜けた(抜いた)ことが多いので、自己管理、特に意識改革が大切であり、インプラントはどの位もつ?と考える前に、どの位もたせる!という決意と自覚が求められているようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP