あああ

アクリルアミドの摂取を防ぐために家庭でできる5つの対策

pixta_12456652_M

アメリカなどで指摘されていたことです。
フライドポテトは健康によくない!
もちろん肥満の問題もあります。
ではなく発がん性物質であるアクリルアミドが生成されるようです。
ジャンクフードは食べない?
しかし家庭でもできることがあるみたいですよ。
今晩から試してみましょう。

アクリルアミドとは

今回の主役であるアクリルアミドとは何でしょうか。
そもそもは合成樹脂や塗料などで使われている化学物質です。
そんなものが食品中にあるのでしょうか?
とはいえ炒め物や揚げ物をすると現れてくるようです。
具体的にはアミノ酸の一種にアスパラギンがあります。
これと糖類が一緒になり120℃以上に加熱されると?
化学反応によって生成されてくるみたいです。
日本人は1日当たり平均して体重1キロ当たり0.24マイクログラム
既に摂取しているようです。
体重60キロの人なら14.4マイクログラム?
実感の湧かない量です。
その半分はフライドポテトなどの炒めた野菜から?
ポテチやコーヒーにも含まれているみたいですので、
避けようはありませんけどね。

家庭でできる5つの方法

仕方ないとはいえ、発がん性があるなら、少しでも回避したいですね。
そこで家庭でもできるアクリルアミドの低減方法を知っておきましょう。
寿命が数年延びるかも。

1.ジャガイモは常温で保存する

現代日本人の食生活を考えると、
フライドポテトやポテトチップスなどが摂取源になります。
ならばファーストフードに行かない!
スナック菓子を食べない!
これだけでも大きく低減できるでしょう。
とはいえ好きなものを制限するのもストレスですね。
そちらの病気も心配です。
ならばジャガイモを保存する際に、
冷蔵庫へ入れず常温で保存しましょう。
理屈としては、ジャガイモを低温で保存すると、
デンプンが分解されて糖になります。
これがアクリルアミドの元になるようです。
そもそも野菜類は、常温保存がお奨めですよ。

2.炒める材料を水に晒す

消極的な方法ですが、アクリルアミドの発生源を薄める!
そんな方法が提案されています。
つまり炒め物に使うジャガイモや野菜類は、切った後に水で晒す!
この操作によって食品の水分含量が増え、
アクリルアミドの濃度が薄まります。
さらに水へ漬けている間に、
水溶性の原因物質が水に溶け出す効果もあるようです。

3.焦がしすぎない

アクリルアミドは、加熱によって生成されます。
食品に現れる焦げ目は、加熱に対する指標にもなります。
そのため綺麗なキツネ色?この程度に止めましょう。
焦げ目が濃くなるに従い、アクリルアミドは増えるようです。
常に焦がしすぎない!これを心掛けましょう。
トーストの場合も同じです。

4.弱火でよくかき混ぜる

焦がさないことと共通しますが、
炒め物は弱火でかき混ぜながら作りましょう。
また炒める時間を短くする!
とはいえ火が通っていないと、別の問題も生じます。
そのため小さく、薄く食材を切っておく!
肉や魚などを使う場合は、先に火を通しておく!
そういった工夫も求められるようです。

5.煮たり茹でる料理を優先する

加熱であれば同じことかもしれませんが、
炒めるよりも煮る、蒸す、茹でる!
水を使った料理法を優先してみましょう。
こちらの方が温度は上がらないので
アクリルアミドの生成量は少ないようです。
また有害成分が水に溶ける?
アクリルアミドの濃度を下げる!
そういった効果もあります。
ならば煮汁などは飲まない方が良さそうです。

気にしすぎてもいけませんが

農林水産省のウェブサイトにも、
アクリルアミドを減らすための取り組みが紹介されています。
とはいえ現状において日本人の摂取量は、
欧米に比べると半分以下です。
直ぐにがんが発生する?そんな話ではありません。
気にしすぎるべきではないでしょう。
とはいえ体内で蓄積していく可能性も否めません。
食の好みは急に変わらないので、
少しずつ改善するように心掛けてみましょう。

関連記事

  1. pixta_10705914_M シンボルマークとは
  2. 気にすべきは衛生面
  3. 生理と頭痛の関係は?
  4. 生理前の症状に我慢は無用?
  5. pixta_20527908_M 助成金制度とは
  6. 日本人の割合は約70%
  7. 生理とは違う出血があったら
  8. business and office concept - screaming businesswoman in eyeglasses with megaphone 精神障害者の実態

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP