アストラテックは外観が斜め

歯科用インプラントなどのように体内へ埋め込む医療器具に関しては、意外な盲点がある?
使ってみて初めてわかることもあります。

例えば元々スウェーデンに本社を持っていたアストラテック(ASTRATECH)のインプラント製品は、見た目?
外観が違う!
ちょっと斜めな形をしています。
しかしこのアストラテックインプラントはよく考えられている!
現場の歯科医も賞賛しています。
つまりインプラントの基部、歯冠との結合部が斜めに切れている!
これが傾斜した顎の骨にフィットし、見た目の向上に貢献しています。

すなわち骨が斜めに削れた場合、他の製品であればインプラントの歯根部分が少し突出してしまう?
これでは、いかにもインプラント!
他人に知られることはなくても、自分で常に実感してしまいますが、それを上手くカバーしてくれるのがアストラテックの技術です。

健康な人からすれば、インプラントできただけでもありがたいと思え!との批判はあるでしょうが、多少でも生活の質を高める!
気持ちよい毎日を送るためには、小さな部分にこそ気を遣う!

ちなみにアストラテック社は、デンツプライ(DENTSPLY)社と合併して2012年に社名を変更していますが、アストラテックの信用は不滅です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP