インフルエンザ脳症の症状について

インフルエンザは高熱が出る病気であり、子供の場合はインフルエンザ脳症に移行する場合がありますので注意が必要です。
インフルエンザ脳症はインフルエンザにより高熱が出てから数日後、意識障害、神経障害、幻覚症状などを示すケースです。
インフルエンザ治療薬のタミフルを服用することによって症状が現れるとする意見もありますが、その因果関係は明確ではありません。
インフルエンザ脳症は単独の病気ではなく、複数の病気が相互に関係しあっている症候群と考えられています。
主な症状として急性壊死性脳症、HSE様症候群などがあります。
急性壊死脳症はインフルエンザ脳症の大半を占めるもので、狭い意味でのインフルエンザ脳症と言われています。
脳炎と異なり炎症を起こすことはありませんが、脳内の血管が腫れたりむくんだりして壊死を起こすものです。
特に乳幼児に多く潜伏期間は数日です。
HSE様症候群は出血性ショック脳症症候群とも呼ばれ、発熱、ショック症状、意識障害などの症状が現れます。
乳幼児に多く発症します。
インフルエンザ脳症は後遺症が残るケースが少なくないので高熱が続いたり意識障害、異常行動などの症状が出た場合は早めに医療施設を訪れ治療することが大切です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP