インプラントが出来ない場合

歯科インプラントの実施に際しては健康保険が使えません。
しかしそれでもインプラントという方法がある!と聞いただけで、未来が開けた人も少なくないでしょう。
とはいえインプラントは万人に開かれた道ではなく、インプラントが出来ない場合?があるようです。
インプラントをお願いしに歯科医を訪ねたけど、自分は出来ない場合に該当する?
目の前が真っ暗!再び門戸が閉じられた!
では実際にインプラントが出来ない場合とは、どのようなケースでしょうか?

基本的にインプラントは顎の骨に穴を開け、人工歯根と呼ばれる部品を埋め込みます。
そのため顎骨に一定の厚みや深み、そして強さがない?
これが適用出来ない場合の第一です。
またインプラントを求める原因?
すなわち歯が抜けた理由!歯周病が酷い人も、出来ない場合に当たります。
このタイプは歯周病の治療が先決です。
さらに噛み合わせが悪い人も、先にこちらの調整が不可欠です。

もちろんインプラントのほとんどは中高年者になるでしょうが、事故などで歯を失った若者も増えています。
ただし18歳未満なら、骨の成長を鑑みて、インプラントが出来ない場合に入ります。
これらの人達は、別の手段で歯の回復を検討しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP