インプラントで死亡例有り

たかが歯?されど歯!です。日本人は歯周病や虫歯が多い!と言われますが、あまり危機感はないようです。しかし虫歯であっても甘く見ていると死亡する事例が珍しくありません。つまり虫歯の原因菌が血液を犯す敗血症や、脳に達して炎症の生じるケースがあるからです。そのため虫歯の治療!時にインプラントを試す人もいるでしょうが、インプラントに際しても死亡例が報告されているので注意したいものです。

ちなみにインプラント施術と直接関係する死亡例は、顎の骨や神経を傷付けてしまう、ドリルで穴を開ける!これは医師の範疇を超えて論外でしょう。すなわちインプラントをお願いするクリニックを厳選すべきです。これに合わせて、インプラント施術時の衛生状態が悪かった?細菌感染による重症例、死亡例も知られています。

とはいえインプラント実施件数全体からすれば死亡事故?は稀!アンラッキーではありますが、自分にそんなことは起きて欲しくありません。当然医師の資質は第一に指摘すべきですが、患者さんも安易にインプラントを求めない、術前術後に関する医師の指示には厳格に従うことが死亡、後遺障害などの不幸な結末を迎えないために心掛けておくべきポイントです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP