インプラントについて

imasia_7155690_M

「インプラント」って聞いたことはありますか?
インプラントとは、体内に何かを埋め込むことを指し、最近ではデンタルインプラント、つまりあご骨に埋め込む人工歯のことである場合が多いですね。
デンタルインプラントは、歯のないところに人工で歯の根っこを埋め込みます。

歯根になるのは、チタンやチタン合金でできたもの。

写真なんかをみるとちょっと気持ち悪いのだけれど、生体親和性といって人間の身体と相性がいいものを使っているので大丈夫。

あとはその上に、他の歯と似た歯冠をかぶせてできあがり。

ほとんど見分けはつきません。
入れ歯やブリッジの場合、周りの歯に負担をかけるのが普通。

私ももブリッジの経験がありますが、食べ物も詰まりやすいし、虫歯・口臭の原因にもなります。

ところが、このインプラント手術では周りの歯に負担をかけないというメリットがあります。
外科手術が必要ではあるけれど、日帰りで十分。

あとは通院と定期メンテナンスで半永久的に保つことが可能です。
ただし、このインプラント手術には保険が適用されません。

つまり、全額自己負担しなければならないということ。

歯医者さんによって金額は違いますが、数十万円程度が相場ですね。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP