インプラントのタイプについて

インプラントといってもいくつかのタイプ分けができますが、一般的な分類方法は1ピースタイプと2ピースタイプでしょう。
基本的にインプラントは、骨に埋め込む人工歯根、被せ物である歯冠部を意味する上部構造、そして両者のつなぎ目の機能を持つアバットメントの3部に区分できますが、1ピースタイプのインプラントは1回法とも呼ばれ、人工歯根とアバットメントが一体化したタイプです。
1ピースタイプのメリットは手術が1回で済むので患者の負担が軽い、部品が少ないので経済的などですが、反対に応用性に欠ける、修復が難しいなどのデメリットがあります。
一方で2ピースタイプのインプラントは、人工歯根とアバットメントが分離したタイプであり、手術が2回必要になるため患者への肉体的、心理的、経済的負担がありますが、何らかのトラブルがあった際に修復しやすいというメリットがあります。
なお義歯タイプ、入れ歯に似たインプラントもあります。
これは人工歯根を埋め込むのは同じですが、その先端に磁石またはボタンを付け、その上に数本分合わさった義歯をまとめて装着する方法です。
このタイプのインプラントは、1本ごとに作るよりも安価になるメリットがあります。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP