インプラントの種類を知る

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」有名な孫子の言葉です。
すなわち勝つためには相手を知ることが第一!です。
これはインプラントなどの手術に関しても同じです。
不十分な知識が不安感を煽り、不確かな情報に流されて自滅する!
専門医の指導に従いインプラントで健康になる!との強い意志を持ちましょう。

とはいえ様々な歯科医がいますが、カウンセリング時に惑わされない?ように、インプラントの種類を知りましょう。
例えば1回法と2回法があります。
前者はすべてを一度に済ませる方法であり、後者は人工歯根を埋め込んで安定させ、後日上部構造と呼ばれる歯冠部を継ぎ足す種類です。
患者さんの歯茎や顎骨の状態によって、いずれの種類を実施するか?決まります。

一方で人工歯根の種類も多様です。
こちらはメーカーによって異なり、歯科医の好み?
素人の患者さんが選べるものではないため、歯科医の選択に委ねましょう。

なおインプラントで心配なのは外見です。
銀歯などよりは良いのでしょうが、違和感があり目立つと嫌なものです。
インプラントで贅沢!
言うべきではないでしょうが、昨今は材質や色などの種類が増えているので、ある程度は患者さんの希望に沿えるようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP