インプラント体は人工歯根

歯科インプラントにおいて、実際に顎骨へ埋め込む人工歯根をインプラント体、フィクスチャーと呼ぶことがあります。
インプラントの成否は、これが顎骨に固定できるか?にかかっていると言っても過言ではありません。
そのため昨今ではインプラント体に関して様々な技術、材質が登場しています。
もちろん金属アレルギーの人もいるので、半永久的に体内へ埋め込んでもトラブルが少ない材料が選ばれています。

一方でこのインプラント体に接合させる上部構造、すなわち外見上歯として見える部分ですが、これとの接着状態も、インプラントを確実とするには欠かせない点です。

とはいえ人それぞれ体質があったり、インプラントを受ける人には高齢者が多いことから、糖尿病や高血圧などの持病を抱えるケースもあり、基礎が安定するまでに数年の期間を要する人も稀ではありません。
そこから他人と比べて、自分の治療は長すぎる?と不信感を抱く患者さんもいるようです。
そもそもインプラントをしなければならない身体になった?自分の過去を反省すべきであり、顎骨や歯肉が強くなるように日頃の健康管理は不可欠です。
インプラントは歯科医と患者との協力があって初めて成功するものなのです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP