ウイルス性結膜炎について

ウイルス性結膜炎概要

ウイルス性結膜炎(ういるすせいけつまくえん)は、アデノウイルス、エンテロウイルスなどに感染する事で起こる眼の病気の総称で、その中には、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎なども含まれています。
症状としては、眼が異常に充血し、涙眼になったり、眼の中に異物感が出る事が多く、周りに感染しやすいのも特徴です。

ウイルス性結膜炎とは

ウイルス性結膜炎とは、眼の表面を覆う結膜に、ウイルスが入る事で、眼が充血したり、目ヤニが大量に出たり、光を見ていつもより眩しく感じる等の症状が出る病気です。
ウイルス性結膜炎は、その名の通り、ウイルスが原因で起こる病気なので、特に眼が不衛生な時や、身体の抵抗力が弱っている時に、感染しやすいと言われています。

ウイルス性結膜炎症状

ウイルス性結膜炎の中で、最も多い症状は「眼の充血」です。
ウイルス性結膜炎に感染している時の眼の充血は、疲れ目の時の充血とは比べ物にならないほど赤くなると言われています。
さらに、何もしていないのに涙が大量に出る、眼に異物感があり、光を見た時に異常に眩しく感じるというのも、ウイルス性結膜炎の代表的な症状なので、こんな症状が出たら、早めに眼科に診せた方が良いでしょう。

ウイルス性結膜炎原因

ウイルス性結膜炎の原因は、病気の種類によって大きく異なります。
まず、ウイルス性結膜炎は、ウイルス性の病気なので、何らかの形で、眼にウイルスが入る事で起きる事が多く、学校のプールで感染したり、家族や友人がウイルス性結膜炎に感染しており、一緒に行動するうちに、自分にも病気がうつったという事も多いと言われています。

ウイルス性結膜炎診断・検査

「ウイルス性結膜炎に感染したかも」と思ったら、すぐに眼科に行くのをオススメします。
ウイルス性結膜炎は、ウイルスによる病気なので、家族や友人から病気が感染する場合もありますし、中には、電車のつり革に触ったのが原因で、ウイルス性結膜炎に感染するケースもあるのです。
眼科では、病気の問診だけでなく、視力検査や、角膜の状態などを見て、病気を確定する事が多く、検査で痛みを感じる事は、ほとんど無いため、周りに病気をうつす前に、専門医に相談しましょう。

ウイルス性結膜炎治療法

ウイルス性結膜炎の治療法には、どんな方法があるのでしょうか。
基本的に、眼科で検査を受けると、ウイルス性結膜炎の病気の種類を確定する事が出来ますが、ウイルスに効く薬というのはない為、ヘルペス性の病気には、抗ヘルペス、充血や炎症の症状には、ステロイド系の服用薬や、目薬を使うのが一般的です。
ウイルス性結膜炎は、一過性の病気である事が多いので、しっかりと目薬を指して、沢山栄養と休養を取れば、それだ、治療期間は短くなると言われています。

ウイルス性結膜炎生活上の注意

ウイルス性結膜炎は、周りに感染する可能性が高いため、ウイルス性結膜炎に感染してしまった場合には、自分や周りの為にも、いくつかの事に注意する必要があります。
まず、ウイルスに勝つ身体を作る為にも、手洗いうがいは徹底して行い、出来るだけ手で顔や眼に触れないという心がけが必要です。
そして、まだウイルス性結膜炎の症状が重い場合には、目薬だけでなく、食器やタオルなども、他の人とは共有するのを控え、お風呂に入る場合も、湯船は一番最後に入って、残り湯はすぐに捨てた方が良いと言われています。

ウイルス性結膜炎予後

ウイルス性結膜炎を治療する為には、とにかく顔から手まで全てを清潔にして、栄養を沢山取る事が重要です。
そして、ウイルス性結膜炎が完治した後も、まだ免疫力が下がっている可能性が高いので、出来るだけ外出は控えて、仕事や勉強もセーブした方が良いでしょう。
v

ウイルス性結膜炎予防

もし、周りにウイルス性結膜炎に感染している人が居たら、病気が治るまで、出来るだけ接触を控え、タオルや食器、ペットボトルなども、共有しない方がいいそうです。
そして、免疫力を保つためにも、手洗いうがいは、ウイルス性結膜炎予防に効果的だと言われています。

ウイルス性結膜炎口コミ

ウイルス性結膜炎に感染すると、感染を避ける為に周りからは隔離され、一人で眼のかゆみや充血と、戦わないといけないことも多いと言われています。
特に、ウイルス性結膜炎は、感染力の強い病気のひとつで、自分でも気付かない内に感染してしまう事もありますし、学校での集団感染や、公共の交通機関などで病気に感染する事もあります。
特に、ウイルス性結膜炎に感染すると、重い眼の充血は避けられないので、仕事や人付き合いにも、このウイルス性結膜炎は、少なからず影響を与えると言えるでしょう。
まわりに、ウイルス性結膜炎の患者を増やさない為にも、寂しさをこらえて、一人で行動する事が大切なのです。

ウイルス性結膜炎この病気に似た病気

ウイルス性結膜炎は、流行性各結膜炎(はやり目)、咽頭結膜炎(プール熱)、急性出血性結膜炎などの病気を含んでいます。
基本的に、重い眼の充血が出る病気は、ウイルス性結膜炎に関連している事が多いのですが、ウイルスに対する抵抗力が弱っていると、ウイルス性結膜炎の症状が治まって来た後に、黒目の表面に小さな点が出来るという後遺症が出る事があります。
さらに、後遺症などが出た場合に、しっかりと治療をしないと、その後、かすみ目による視力低下という合併症も起こる場合があるので、ウイルス性結膜炎が完治するまでは、目薬などの使用をやめない方が良いと言われています。

ウイルス性結膜炎かかりやすいタイプ(年代・性別・遺伝要素など他)

ウイルス性結膜炎は、ウイルス性の病気なので、遺伝による感染の要素は低いと言われていますが、免疫力が下がっている時には、ウイルス性結膜炎に感染しやすいと言われています。
家族にウイルス性結膜炎の感染がいても、免疫力をつけた上で、接触を控えて居れば、感染する事はほとんどないのですが、疲れている、栄養が偏っている場合には、電車の中で、ウイルス性結膜炎の患者と隣り合わせただけでも、感染する事があるようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP