カウンセリングは正当な権利

どんな簡単な手術や治療法であっても、すべての人にとって完全なわけではありません。
もちろん医療ミスもあるでしょうが、患者さんが適切なケアを怠った?体質の違いも大きいようです。
そのため何らかの医療行為を試す場合には、納得できるまでカウンセリングを受けましょう。

インプラントのケースでも歯のレントゲン写真を撮る、血液検査でアレルギーの有無を調べる、生活習慣病など持病の軽重やこれまでの虫歯治療歴を総合してカウンセリングしてもらいましょう。
カウンセリングで費用や支払い方法を含め、今後起こりうる事態?アフターケアの仕方を併せて、本当にインプラントを実施するか判断しましょう。
それでも心配があれば、複数のインプラントクリニックでカウンセリングをお願いするのも良いでしょう。
面倒?歯医者さんに悪い!などと理由を付けず、失敗して困るのは自分だからです。

カウンセリングを依頼するのは正当な権利であり、カウンセリングを拒んだり適当に話す、インプラントを急がせるような医療施設は拒否した方が無難です。
逆にカウンセリングにおいてインプラントのデメリットを隠さずに示してくれる医師ほど信頼感や成功率、そして満足感は増すものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP