あああ

カントン包茎とは

包茎は男性であれば気になる症状ですが、包茎の種類の中でもカントン包茎は事態が切実です。カントン包茎とは、包皮をめくり亀頭を露出させることはできますが、包皮口が狭いため、勃起時には亀頭の根元を締め付ける状態になり、痛みを伴う、性交どころではない!包茎の種類です。通常勃起時は血液がペニスに集まり堅くなりますが、カントン包茎の場合はその血液の流れが亀頭の根元で妨げられることになるので、亀頭に血液が循環しなくなる、逆に一度むいた包皮が戻らなくなり、亀頭を締め付け続け、時に壊死を引き起こすことも稀ではない危険な種類の包茎です。そのためカントン包茎は、早めに専門医の治療を受けるべきとされる包茎の種類です。ちなみに中学生くらいになると性的な種類の話題に敏感になり、仮性包茎気味の自分のペニスをいじっているうちにカントン包茎の症状を示すことがあります。しかしこのようなケースは一時的なものであり、何度か経験している間に包茎が自然に解消されることもあります。ただし無理にカントン包茎を治そうとすると、亀頭を傷つけたり、化膿するケースもあるので、中途半端な知識で自己治療を試みない方が身のためです。

関連記事

  1. pixta_2515464_M 難病と闘うための障害者福祉
  2. 生理と頭痛の関係は?
  3. pixta_14117252_M 自立支援医療費について
  4. 性感帯温存法とは
  5. 障害者のための借金被害対策
  6. pixta_19912492_M モラルの問題ではない
  7. 障害者年金の存在
  8. 大きさと満足度に相関はない

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP