あああ

カントン包茎の包皮を戻す方法

包茎にもいくつかの種類がありますが、亀頭を露出できない真性包茎に次いで問題になるのはカントン包茎でしょう。カントン包茎とは、普段は包皮を剥いて亀頭を露出することができますが、勃起すると包皮の先の輪の部分が小さく、膨らんだペニスを締め付けてしまう状態です。多少の我慢は包茎を治すためには必要かもしれませんが、時に亀頭がうっ血して取り返しの付かないことになりかねないので、カントン包茎の包皮を戻す方法について考えておいた方が安全です。もちろんカントン包茎の包皮を戻す方法として基本的なのは、勃起状態を収める、つまりペニスを萎えさせて小さくすることです。包茎の人がそのままセックスをして相手の膣内でカントン包茎状態に陥ると激痛が走ります。この場合も冷静になってペニスを抜き興奮状態を鎮めることがカントン包茎の包皮を戻す方法として重要です。なお平常時のカントン包茎の包皮を戻す方法として、風呂などで温めると皮が弛むので良いようですが、熱いお湯を直接かけることはご法度です。ちなみにカントン包茎の包皮を戻す方法として無理やりするのも危険ですので、どうしても治らない場合は、死活問題なので諦めて救急車を呼びましょう。

関連記事

  1. 性感帯温存法とは
  2. 生理周期と子宮内の老化現象の意外な関係
  3. pixta_18106716_M 障害者の就職と障害者自立支援法
  4. pixta_2515464_M 難病と闘うための障害者福祉
  5. 手術の入院について
  6. 生理痛の種類
  7. 矯正リングについて
  8. 障害者年金の存在

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP