コンタクトレンズを使う

imasia_1560018_M

『コンタクトレンズは若い人がするものだ』と思っている人も多いと思うのだけれど、実は近年、老眼の矯正にもコンタクトレンズを希望する人が増えています。

けれど、コンタクトレンズの場合、眼鏡よりも「両用レンズ」とすることが難しい。
眼鏡の場合には、近くを見る=下を見ることを利用して、眼鏡の下部を老眼用のレンズとすることで遠近両用としていますが、目の中に入れるとなると同じ方法は困難なのです。

そこで広く採用されている方法が、『二重焦点』という考え方。
これには大きく2種類があって、1つは「交代視型」、もう1つが「同時視型」です。

「交代視型」は、遠近両用眼鏡とほぼ同じ仕組みで、コンタクトレンズの上方を遠く用、下方を近く用とする方法です。
この場合、コンタクトレンズに上下を指定する工夫が必要となります。

「同時視型」は、同心円上に交互に遠用と近用のレンズを配するものです。
交互に配してあるので、脳でどちらを採用するか決めるわけですね。

他に、『モノビジョン』といって、右目と左目にそれぞれ遠用と近用のレンズを使用するという方法もあります。
レーガン大統領がこの方法を用いていたといわれています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP