あああ

コンプレックスが人を育てる

人間はコンプレックスがあるから強くなるし、他人に優しくなれる、すなわちコンプレックスが人を育てるのです。逆にまったくコンプレックスがなければ、相手を労わる気持ちも持てないでしょう。とはいえ過度のコンプレックスは心の病になり、対人恐怖症に陥る危険もあるので、適度に解消しておくことが大切です。ちなみに男性が抱えるコンプレックスで多いのは、やはり陰茎の大きさと包茎のようです。ただし大きさは単なる男性の自己満足?に過ぎず、女性の印象とは関係ないので、この点は変に悩んではいけません。一方で包茎は一種の病気でもあるため、亀頭や尿道の炎症を起こさないように、日々清潔にしておきましょう。また亀頭の付け根を締めてしまうカントン(嵌頓)包茎は重篤な状態なので、早めに医療施設で相談しましょう。しかし真性包茎の場合には、慌てる必要はありません。もちろんそれがコンプレックスで女性に告白できないなら、思い切って手術をするのも有用です。やった後悔とやらない後悔?後々響くのはやらない後悔です。なお実施に際しては信頼できるクリニックを選びましょう。包茎手術の跡が残り新たなコンプレックスとなるパターンが少なくないようです。

関連記事

  1. 012 歯科医を選ぶ際の5つのポイント
  2. 包茎の遺伝子は見つからない
  3. 包茎手術は入院の必要がない
  4. 増殖期について
  5. 3d white people. Handicapped person in job interview. Isolated white background. 障害者雇用促進法
  6. 古典彫刻は人前で裸が一般的
  7. 幼少時の包茎は問題なのか?
  8. セックスの持続時間

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP