あああ

シンボルマークとは

pixta_10705914_M

人間の脳は絵やマークを認識する能力が高いようです。
時に描け!と言われると明確には描けませんが、有名企業のロゴなど、見ればわかるものが多いでしょう。
つまり表意文字である漢字を考えれば理解しやすく、書けなくても読める漢字は多数あるものです。
そのため誰にでも一目でわかるように、障害者に関する様々なシンボルマークが現在では至る所に表示されるようになっています。
典型的な障害者のシンボルマークとして、車椅子を象った青いマークがあります。
これは国際的に共通するシンボルマークです。
また視覚障害者に対する国際的なシンボルマークとして、これも青地に白い絵として杖を付いた人をイメージしたものが使われています。
一方で国内に通じるシンボルマークとして人工肛門などを付けた人向けのオストメイトマークや、ほじょ犬マークも市民権を得ていると言えるでしょう。
なお日本はだいぶ整備されてきたとはいえ、障害者のための支援策がまだ足りていないのが実情です。
特に問題視されているのは、それらの情報が充分に伝えられていないことなので、シンボルマークを掲げることにより、障害者のみならず健常者に向けても意識させることが期待されているのです。

関連記事

  1. 養護学校で学習
  2. 食事について
  3. pixta_18106716_M 障害者の就職と障害者自立支援法
  4. 生理周期と子宮内の老化現象の意外な関係
  5. 矯正リングについて
  6. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  7. 生理期間はどのくらい?
  8. 生理の仕掛け人2

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP