スイスプラスはアメリカ社製

スイス銀行の秘匿性?
国境を越えたビジネスや犯罪の急速な拡大によって情報公開が求められており、スイス銀行は絶対!との保障はなくなるようです。
しかしインプラント分野におけるスイスの信用性は高い?
それを示してくれるのがスイスプラス?
ただし紛らわしいですが、スイスプラスはアメリカのジンマー社が、スイスにあったインプラント手法を応用して開発したインプラント材です。
とはいえスイスの技術を基にしているなら、やはりスイスは信じるべき存在なのでしょう。

なお現在のスイスプラスは当初と大きく異なり、顎骨との結合力が強い反面値段が安い?とも言われています。
低価格になる理由は、スイスプラスインプラントが1回法用のシステムである点です。
1回法は安全面の問題点が指摘されていますが、昨今の歯科医自身による技能向上も加わり、必ずしも敬遠される方法ではなくなっています。
患者さんの条件さえ合えば、スイスプラスインプラントを試すことにより十分なメリットを享受できるでしょう。

やっぱりインプラントはアメリカなの?
それでも根本的な仕組みを生み出すスイスの職人技!
様々な長所を取り入れつつ、歯科インプラント医療は日々進化を続けています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP