あああ

ステロイド治療で治す

包茎は、どちらかというと心理的な問題です。
日本人に包茎が多いと指摘されますが、これは宗教上の理由であり、国際比較しても意味はありません。
一方で病的な包茎?排泄が困難になる?ケースは案外少ないものであり、包皮内で炎症が生じる!原因は、不衛生な環境にあるなど二次的なトラブルです。

なお心配なのは、自身が経験しない人、つまり母親です。
すなわち自分の息子が包茎かも?どうしよう!と考えるようです。
それも生後1歳未満の段階で!
とはいえ変な情報に流されて、ステロイド治療が効く!となり赤ちゃんの包皮にステロイドを塗ることがあるようです。
ちなみにステロイドはホルモンの一種であり、血行を促し包皮を柔らかくする作用があるため、ステロイド治療で一見?包茎が治る!とイメージするようです。
しかし乳幼児段階での包茎にあまり意味はなく、逆に幼少期は亀頭を保護すべきです。
ただし包皮内に雑菌が溜まる状況は危ないので、お母さんが恐る恐る包皮をめくろうとする!
けどできない?
包茎だ!
ステロイド治療?となるのでしょう。

包茎に対するステロイド治療は大人でも保険診療の対象ですが、ステロイド治療の実施に際しては専門医の指示に従いましょう。

関連記事

  1. 初経が始まるのはいつごろ?
  2. グループホームは障害者施設
  3. 手術は一生に一度?
  4. 国際人権法とは
  5. 手話について
  6. Handicapped vector icon. Style is flat symbol, black color, rounded angles, light gray background. 国が定める障害者の範囲は?
  7. 障害者のための借金被害対策
  8. 障害者政策も内閣府のお仕事

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP