あああ

セックスの持続時間

一般に包茎の人は早漏、つまりセックスの持続時間が短くなると考えられています。現在でも宗教的な理由から幼少時に包皮を切り取る、いわゆる割礼の儀式を行う文化がありますが、これは包皮がある、言い替えると、包茎だと亀頭が敏感になり自慰行為を促しかねないと考えられていたためです。かつては自慰行為が神を冒涜する行為とも考えられていたため、包茎を防ぐことは自慰行為を防止する狙いがあったようです。医学的には、包茎と性的な感じ方、そしてセックスの持続時間に関して、明確な結論はありません。ただし考えられることは、包茎の場合は常時亀頭が保護されており、敏感な亀頭がセックスや自慰行為の時のみ外的刺激を受けるので、性的に感じやすくなる、そのため早漏傾向にあり、セックスの持続時間が短くなりやすいという論法です。もちろん包茎ではなくてもセックスの持続時間が短い人もいるので、この理屈も正しいとは証明されていません。大切なことは、男性と女性とは、セックスにおける性的な感じ方がまったく異なることです。セックスの持続時間が長いからといって女性が満足するとは限りませんので、誤った情報に流されて早まった行動をしないように気をつけましょう。

関連記事

  1. 更新無用でも再発行は必要!
  2. pixta_18106716_M 雇用対策の現状
  3. Diverse Diversity Ethnic Ethnicity Unity Togetherness Concept 世界における差別
  4. pixta_18691368_M 優遇される事への世間の声!
  5. 障害者年金に所得制限はない
  6. 気にすべきは衛生面
  7. 障害者たちのお仕事の場
  8. pixta_16641194_M 厚労省が大病院に実績開示を義務化!患者にメリットはあるか

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP