デメリットについて

抜け落ちた歯の治療法のひとつとして、近年はインプラントが人気です。
インプラントは顎の骨に人工の歯根を固定するため安定感がありますが、時に半年から1年程度の長期間における治療を必要とするデメリットがあります。
またインプラントに健康保険は使えないので、全額自己負担になるなど経済的なデメリットも深刻です。
一方でインプラントにすると虫歯になる心配がないので、つい歯磨きなどを怠りがちになり、結果として歯周病になりやすく、健康な歯をさらに失ってしまうというデメリットも指摘されています。
そのため定期的に歯科医においてメンテナンスを受けたり、正しい歯磨き方法を身に着ける必要があります。
なおインプラントは万能な治療法と考えられていますが、顎の骨がしっかりしていないと適用できないというデメリットもあり、インプラントの実施に際しては全身的な健康を維持しておく必要があるようです。
もちろんインプラントは熟練した歯科医が施術しますが、どんな簡単な手術であっても100%安全はないので、リスクを伴うというデメリットもあります。
つまり費用やメンテナンスを含めた充分なカウンセリングを受け、納得した上で実施することがインプラント成功の鍵と言えそうです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP