デメリットは経済面と安全

メリットの裏には必ずデメリットがあるものです。
人間は良いことしか考えない!しかし後になって大失敗!そんな事例は少なくありません。
ホワイトニングにおいても様々なデメリットが指摘されているので、それぞれ自分に当てはめて慎重に判断しましょう。
失われた歯は二度と戻らないからです。

例えばホワイトニングのデメリットは、健康保険が使えないので費用が全額自己負担!値段も馬鹿にならない点です。
またホワイトニングは継続する必要がある!
つまり一度やっても半年程度で効果が消えてしまうことです。
これは経済面のデメリットとリンクします。
もちろん歯科医の指示の下で行わないと、歯や歯茎を傷める可能性がある!という怖いデメリットもあります。
通販などで入手できるホームホワイトニングセットであっても、初めての場合には歯科医の指導を受けるべきです。
これが煩わしい?一番のデメリットかもしれませんが、安全を犠牲にしたメリットなどないので、ここは大人としての責任感が求められるでしょう。

人前に出る機会が多い仕事ならホワイトニングの経済的デメリットを相殺できますが、それでも一呼吸置いて、家族や知人と相談して、最終的な決断を下しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP