あああ

トライアル雇用とは

pixta_15432338_M

大学生を含めた一般の人であっても、企業はその人を採用すべきか?かなり悩みます。
この理由として、日本では労働者が法的に守られているので、安易に職員をクビにできないためです。
つまり企業は、法的なトラブルや会社に多大な損害を与えた場合を除いて、一度採用してしまった人を退職させることができないからです。
障害者の場合は特に、その能力や同僚らとのコミュニケーション力を測ることが難しいので、積極的に採用を検討している企業側にとってもリスクが大きくなってしまいます。
そこで活用されるのがトライアル雇用制度です。
トライアル雇用とは厚生労働省が奨励している障害者試行雇用事業であり、障害者を採用する企業に対し、ハローワークを通じて紹介された障害者と有期契約する際に、3カ月を目処としてトライアル雇用者1名当たり月4万円を支給するという制度です。
慈善事業ではない企業にとって給与は重荷なので、トライアル雇用が活用できると企業側も採用に関するハードルが低くなるものです。
ちなみに一定の規模の企業では障害者を雇用する義務が課せられていますが、多くの企業ではトライアル雇用があっても障害者を採用するより罰金を払った方が得!と考える風潮がまだ残っているようです。

関連記事

  1. 誰に相談すべきなのか
  2. pixta_11234111_M 市販薬でも注意しましょう!薬を止められない理由は何か
  3. 3d white people. Handicapped person in job interview. Isolated white background. 障害者雇用促進法
  4. 生理痛の種類
  5. 不正出血とは何?
  6. 生理前の症状に我慢は無用?
  7. 続発性無月経を見逃すな
  8. 人権侵害問題について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP