フリアリット2は自然に近い

インプラントとしては比較的古い?
ドイツで開発されたフリアリット2(Frialit)は業界でも著名なようです。

フリアリット2が実用化されてから20年以上が経過しています。

では生き馬の目を抜く?インプラント業界において、フリアリット2が長く生き抜いてきた理由とは?
言い換えるとフリアリット2のメリットは何か?
その構造にあるようです。

特にフリアリット2は自然の歯に近い形状?
根元が太く先細りする形になっているので、噛んだ際の圧力が通常の歯と同様に分散される!
すなわち歯茎や顎骨に負荷がかかりにくいことが注目されています。

インプラントの成功率?
この数字を何処まで信用するか?
難しい問題ですが、20年以上経過して95%を超える!
フリアリット2をクリニックの医師に相談しても心配はなさそうです。

ちなみにインプラントを実施する歯科医は、それぞれ得意分野?
好きなインプラント材があるものです。 癒着?ではありませんが、特定の業者と提携する!
ある技術に慣れていれば、別のインプラント材を使いたがらないかもしれません。 とはいえフリアリット2の特徴を知れば知るほど、新しい手法として採用するパターンがあるので、まずは歯医者さんの意見を聞きましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP