プールでの感染

学校から帰ってきて突然子供が熱を出すケースは稀ではありませんが、プールが感染経路?となるプール熱も心配な病気のひとつです。
なおプール熱はアデノウイルスと呼ばれるウイルスが原因となって喉の痛みや目の腫れ、充血などが現れる咽頭結膜熱という病気です。
プール熱は高熱が数日続き、扁桃炎を起こすこともあるので風邪や溶連菌感染症と混同することが多々ありますが、溶連菌感染症は細菌類により発症するので全く違うタイプの病気であり、治療法も異なります。
とはいえ外観上は似た症状であり素人では判断しがたいので、高熱が下がらないケースでは医療機関を受診して適切な治療を受けることが大切です。
一方で溶連菌感染症やプール熱のいずれに際しても、予防策として帰宅時の手洗いとうがいの励行、家族内であってもタオルや洗面器具を共用しないなどの感染対策が求められます。
ちなみにプール熱はプールが盛んになる夏場が患者数のピークになりますが、プール熱と同様の症状を示す溶連菌感染症のピークは冬になるので、両者の区別はしやすいようです。
しかし夏場の溶連菌感染症は伝染性膿痂疹とも称されるとびひとして出てくることがあるので、こちらに対しても油断は禁物です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP