ラミネートベニア法は付け爪

当たり前ですが、歯は大切です。
歯があることにより発音がしっかりできる!
人間の進化には、歯の発達が関係していたかもしれません。
また歯が安定していると食事が楽しめるし、噛むことにより認知症が予防できるとも言われます。
とはいえ昨今では別の意味?
美的な点から白い歯にしたい!との要望も高っています。

もちろん歯磨きが重要ですが、年齢を重ねると黄ばんだり黒ずんだり取り返しがつきません。
そんな時にはホワイトニングが有効です。
ホワイトニングにはペンキで塗る?タイプもありますが、昨今はラミネートベニア法と呼ばれる技術もあります。
つまりラミネートベニア法とは、歯の表面を削り、その上にセラミック製の薄い材質を貼り付ける手法です。
付け爪をイメージすると良さそうです。
通常の薬品を使ったホワイトニングでは対処できないくすんだ歯でも、ラミネートベニア法であれば、期待通りの白い歯が得られるでしょう。

ラミネートベニア法は、一般的なホワイトニングに比べて、再び色が変わる心配がない!
治療が短期間で済むメリットがあります。
しかし1本10万円弱?
コスト面を考えれば、ホワイトニングでは間に合わない?パターンにラミネートベニア法は限られそうです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP