レーシックで目の病気は治せる?

レーシックを受けると、他の目の病気を治す事も出来るのでしょうか。これは、目の病気の種類によっても異なりますが、レーシック手術自体は、目を治す為でなく、視力を上げる為に、目の角膜をレーザーで焼いて形を整える手術なので、他の目の病気を治療する事は出来ません。白内障や斜視、緑内障などは、レーシック手術で治す事が出来ませんし、白内障で目の水晶体が白濁している場合には、レーシックで角膜の形を変えても、視力を上げる事が出来ないと言えるでしょう。むしろ、レーシック手術を受ける事によって、違う病気を発症してしまう事もあると言われています。レーシック手術は、機械を使って行われる事が多いのですが、手術を受ける事で、目に傷がついてしまい、ドライアイや飛蚊症などの症状が出る事もありますし、それぞれの症状はそこまで重くなくても、劇的な治療法などは無いため、症状が一生続く場合もあると言えるでしょう。もちろん、別の目の病気を持っていても、レーシック手術前の検査に通れば、レーシック自体を受ける事は出来るので、その点でも、眼科医と相談した方が良いと言われています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP