レーシック

ここ数年で、「レーシック」という手術が一般にも知られるようになってきていますが、レーシックとは、どんな手術なのでしょうか。レーシックとは、目の角膜にレーザー光線を当てて、角膜の中央部分を削る事によって、裸眼の状態の視力を向上させる為の手術です。角膜の中央部分を削る事によって、光の屈折率を変化させる事が出来るため、今までは、とても視力が低かった人でも、手術によって、裸眼の視力が1.0?2.0ほどまで上がると言われています。また、レーシックは、手術大として、15万円?30万円ほどかかる場合が多いのですが、コンタクトやメガネを長年使う為の維持費(洗浄液など)を総合して考えると、レーシックを受けた方が、結果的に安いとも言えるでしょう。ただ、レーシックを受ける事で、視力が上がっても、ドライアイになってしまうなどの合併症も少なからずありますし、レーシックで上がった視力も、すぐに戻ってしまう可能性もあると言われています。その為、レーシック手術については、レーシックに関する正しい知識だけでなく、メリットやデメリット、有名な病院などをしっかりと調べてから行った方が良いでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP