レーシックと老眼

老眼でも、レーシックを受ける事は出来るのでしょうか。一般的に、レーシックは、老眼の方でも受ける事が出来ると言われています。ただ、レーシックで治す事が出来るのは近視で、レーシックを受ける事で老眼が治るわけではありません。むしろ、レーシックを受けた方の多くは、遠くは見えても、近くが見えずらいという症状が現れやすいと言われていますから、結果的には老眼と同じだと言えるでしょう。しいて言うなら、レーシックを受ける事で、遠くの景色などは見えやすくなるため、登山などの楽しみは増えますが、その分、読書など、近くて小さな文字を読む時には、老眼鏡も必要だと言われています。また、レーシック難民といって、レーシック手術を受けた後に、体調などのトラブルを抱えている方の中には、レーシックを受けた後から、近くの文字を読む為に、年齢が若くても老眼鏡を使わないといけなくなったと言う方もいるそうです。その為、レーシックを受ける場合には、老眼などを含む目の病気だけでなく、レーシック手術自体のメリット、デメリットも総合的に考える必要があると言われています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP