レーシックによくあるトラブル

レーシックは、最近になって一般にも知られてきた手術ですが、手術を受けた人のトラブルも多いと言われています。レーシックの中でも、特に多いトラブルが「過矯正」と言われており、目の視力アップをするレーシックを受けて、目が良くなりすぎる事によって問題が置きやすくなると言えるでしょう。「視力をあげる為の手術なんだから、視力が上がるのは当たり前じゃない?」と感じる方も居るのですが、レーシックの場合には、レーザーによって目の角膜の形を変えて、今までとは比べ物にならない位、視力が良くなってしまうのです。しかし、目が急に良くなりすぎると、目の周りの筋肉が上手くピントを合わせられなくなり、筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、腰痛、首の痛みなどの原因になる事がよくあります。また、遠くを見る分には、2.0の視力が必要かもしれませんが、普段の生活では、遠くの景色よりも近くの小さい文字を見る事の方が多いですし、過矯正される事で、視力は上がっても、近くの文字が見えにくくなる事もあると言えるでしょう。急に目が良くなりすぎるというのも、問題が多いのです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP