レーシックによるドライアイ

レーシック手術を受けると、手術によって、違う目の病気を発症する場合もあります。特に、手術後の一時的な症状として多いのがドライアイで、目の水分が十分に出ない事で、目のかゆみやかすみ、痛みを感じたりする為、目薬を頻繁にさす事で、症状を抑えられると言われています。ただ、元々ドライアイの症状がある方が、レーシック手術を受けると、症状が悪化する事もありますから、注意が必要です。ドライアイになる原因としては、コンピューターなど目の酷使、コンタクトレンズなどの使用によって、目の角膜に傷がつく事があげられますが、レーシック手術を受ける事で、さらに角膜の傷が増え、ドライアイの症状が重くなる場合も多いと言えるでしょう。そして、元々ドライアイの症状が無い方でも、レーシックの手術を受けてから1週間ほどはドライアイの症状が表れやすいのですが、その場合には、1週間ほどすると症状が落ち着いてくるので、あまり長く症状が続く場合には、眼科に受診した方が良いそうです。また、レーシックの後には、目のかゆみが強く出るため、専用の目薬が必要なのですが、ドライアイ持ちの方は、レーシックを受ける前に、眼科医と相談する必要があるでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP