レーシックの種類

レーシックと言えば、目の視力を上げる手術として知られていますが、このレーシックにも、いくつかの種類があるのをご存知でしょうか。まず、レーシックの基本と言われているのが、ケラトームレーシックという種類で、レーザーの光の屈折を利用して、目の角膜の形を整え、視力を上げるという方法で、痛みが少なく、視力の回復が早いと言われています。そして、最近増えて来ているのが、イントラレーシックという方法で、コンピューターにデータを打ち込んで、コンピューターが自動的に角膜をレーザーで焼いて行く方法なので、眼科医の手技に関係なく、手術を成功させる事が出来ると言えるでしょう。そして、スポーツをする方にオススメなのが、エピレーシックという方法で、エピレーシックでは、エピケラトームという、かんな状の機械で、フラップの厚さを薄くできるため、激しい運動をする方や、角膜の薄い方でも受けられると言われています。もちろん、どんなレーシックを受けるかによっても、費用は大きく異なりますので、目的と予算に合わせて手術方法も選んだ方が良いでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP