レーシックデメリット

レーシックは、ネット上でも、様々な情報が発信されており、メリットも多いと言われていますが、少なからずデメリットも多いと言われています。まず、レーシックの一番大きなデメリットは、合併症のリスクがある事だと言えるでしょう。目の手術には、常に合併症のリスクがありますが、レーシックの場合には、安全性こそ高いものの、手術を受けた後に、目が乾くドライアイの症状が出る事が多いですし、光が非常に眩しく見えるグレア現象という症状も出ると言われています。もちろん、術後の合併症は、数ヶ月?半年ほどで無くなる場合が多いのですが、手術に失敗した場合には、視力が上がらずに、乱視などの症状が重くなったり、数ヶ月すると近視の状態に戻ってしまう事もあるそうです。そして、視力回復の程度や経過には、個人差があるので、手術前に言われた視力まで戻らない可能性もあると言えるでしょう。さらに、レーシックは、美容整形と同じように自由診療という位置づけになっており、手術費用が、15万円?30万円ほどかかるのも、デメリットの1つだと言われています。レーシックを受ける前には、メリットとデメリットをしっかりと理解する必要があるでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP