レーシック乱視

レーシックは、乱視の症状がある方でも、受ける事が出来るのでしょうか。基本的に、眼の角膜の厚さや、他の合併症などが無い場合には、乱視でもレーシックを受ける事が出来ると言われています。そもそも、乱視とは、普通、目の網膜で焦点が合うはずが、その焦点が合わない症状を乱視と呼んでいて、1つのものを見ていても、それが3つ、4つと、重なって見える症状が起こります。しかし、この乱視と言うのは、角膜の屈折率が変われば、網膜で焦点を合わせる事も出来るので、角膜の屈折率を変える事で、視力向上が出来るレーシックで、乱視の症状も良くなる場合が多いと言われています。ただ、レーシックで症状が良くなる乱視は、乱視の中でも軽度の物が多く、重度の乱視と診断された場合には、レーシック手術よりも、乱視の手術を先に行う必要があると言われています。もちろん、最近では、ウェーブフロントアナライザー、ウェーブフロントレーシックなど、様々な種類の手術方法があるので、乱視の症状が重い方でも、まずは眼科医に相談してみるのがオススメです。レーシックは、視力アップだけでなく、目の色々な症状を回復出来ると言えるでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP