レーシック年齢

レーシックは、何歳から受ける事が出来るのでしょうか。レーシックは、18歳以上の方なら受ける事が出来る手術ですが、年齢によっては、手術前に眼科医と相談した方が良いと言われています。18歳以上という制限が設けられているのは、基本的に18歳までは成長過程にある為、あまり早く手術をして、眼の成長を止めてしまう可能性がある方だと言えるでしょう。ただ18歳未満でも、保護者の同意と、将来の職業上の理由など、特別な理由がある場合には、レーシックを受ける事も可能だと言われています。そして、40歳以上の場合にも、レーシックをする時には注意が必要だと言われています。これは、40歳以上になると、体の適応力が落ちてくる為で、レーシックなどで視力を矯正しすぎると、逆に眼への負担が大きくなり、老眼が早く進行するという可能性もあるのです。その為、レーシックは、ただ受けられればいいというものでは無く、年齢や、体調など、その人の体の調子を医師が判断した上で、手術を行う必要があると言えるでしょう。また、過去に眼の手術をした事がある方は、それも必ず眼科医に伝える必要があるそうです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP