レーシック成功率

レーシックというと、安全性の高い手術だと言われていますが、手術の成功率はどのくらいなのでしょうか。レーシックの成功率は、眼科によっても異なりますが、一般的には、85%?90%ほどだと言われています。レーシックは、比較的手術時間も短く、日帰りで手術を受けられるため、人気も高いのですが、残りの10%?15%には、どんな症状が表れるのでしょうか。レーシックは、目の角膜の中央をレーザーで焼いて、屈折率を整える事で、視力を上げる効果があるのですが、手術からしばらく経つと、また視力が落ちてしまったり、ドライアイが治らない、頭痛や肩こり、吐き気が治らないという事があります。特に、ドライアイや、頭痛、肩こり、吐き気の場合には、目が良くなり過ぎた事による症状だと考えた方が良いでしょう。一般的には、視力が1.5や、2.0になればそれが一番良いと考える眼科医が多いのですが、これらの視力は遠くを見る為の視力で、普段の生活で圧倒的に良く使う近くの文字などを見る為の視力ではありません。その為、眼科では視力が上がれば、レーシックの成功率にも加算されるのですが、自分の生活に合っていない視力まで上がってしまった為に、頭痛などに苦しめられる人々の事を、レーシック難民と呼んでいるそうです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP