レーシック斜視

レーシックは、レーザー光線によって、視力上昇が出来る手術ですが、斜視の症状がある場合にも、レーシックを受ける事は出来るのでしょうか。まず、斜視というのは、眼筋の異常によって、一方の目が物を直視している時に、もう片方の目が別方向を向いている状態を言います。斜視の場合でも、視力が非常に悪く、レーシックを受けようと思う方も多いと言えるでしょう。基本的に、レーシックは角膜の厚さや、視力の検査をして、適性があれば、斜視の症状がある方でも、手術を受ける事が出来ますし、術後の結果も、一般の方と変わらないと言われています。ただ、これはレーシックを受ける事が出来るという事だけなので、レーシックによって、斜視の症状が治るわけではありません。その為、斜視の症状があり、レーシック手術を考えている方は、レーシックの眼科ではなく、まずは斜視の専門医がいる眼科で相談してみると良いでしょう。一度手術を行った眼を、元に戻す事は出来ませんから、斜視の手術、レーシックを考えている方は、手術の順序や全体の期間なども、専門医と相談するのが良いと言われています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP