レーシック花粉症

花粉症の場合でも、レーシック手術を受ける事は出来るのでしょうか。レーシックは、視力の矯正を行う為の手術なので、花粉症の方でも、レーシックを受ける事が出来ますが、手術の時期には注意が必要です。花粉症持ちの方は、出来るだけ花粉症の症状が出ない時期にレーシック手術をした方が良いと言われています。レーシック手術後は、普通の方でも、目に異物感が出たり、ドライアイになる事が多いですから、元々花粉症を持っている方は、花粉の多い時期にレーシックをする事で、目を擦ってしまう可能性が高くなるのです。レーシックの手術後に目を擦ると、手術で修正したフラップの位置がずれて、その後の視力に大きく影響すると言われているので、手術後1ヶ月ほどは、目を擦る事が出来ないと言われています。その為、手術がすぐに終るレーシックでも、花粉症持ちの方は、症状が出にくい冬に手術を行うのが良いでしょう。ちなみに、花粉症にも、色々な症状があるので、症状が重い場合には、眼科だけでなく、耳鼻科にも相談してから、レーシックを受けるのが良いと言われています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP