ローカルに応えたいプラトン

プラトン(PLATON)?
哲学者の名前として著名ですが、インプラント製品を提供している日本の会社です。
歯科用インプラントに関する研究開発を1990年から始め、1996年に設立されました。

なぜ日本の企業が歯科用インプラントを作るのか?
技術的にデメリットが大きいのでは?
もちろん歯科用インプラントの業界で世界進出をすることは難しいでしょうが、プラトンの背景には、諸外国のインプラント製品は日本人に合わない!
現場の声があったようです。
そのためプラトンは、日本人の体型?
顎骨に適したサイズのインプラント製品を供給しよう!
使命に燃えています。

なおプラトンの本社は東京都町田市?
近隣の人でも、どうしてそんなローカルな地域で?と思うでしょう。
しかし日本の技術力はローカルな所にある!
当然海外の老舗インプラント企業と互角の勝負は無理?
多くの人はイメージするでしょうが、ローカルだからこそローカルの人の気持ちがわかり、ローカルなニーズに応えられる!
欧米人とは異なるアジア人に対する心身両面からの潜在需要を鑑みれば、プラトンの戦略は今後に期待できそうです。

プラトン製品の質は、日本の精密機械工学に基づいているため、信頼性は保障されています。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP