ワクチンはない

どれほど清潔にしていても、溶連菌感染症は避けられないでしょう。
もちろん発症しないケースがほとんどですが、幼稚園や保育園、そして小学校でも流行していれば菌をもらってしまいます。
逆に大人が、外見上は健康であっても職場や街中から菌を受け取ってくる?
家で子供にうつしてしまう!
稀ではありません。

では溶連菌感染症の被害を防ぐにはどうするか?
ワクチン!
しかし現状において溶連菌感染症に対するワクチンは開発されていません。
そのため溶連菌感染症に負けない身体を作る!
すなわち免疫力を築くことが大切です。

一方で過去に溶連菌感染症に罹った?ことにより抗体が作られた?
事実上のワクチン効果を示しているパターンもあるでしょう。
とはいえ溶連菌感染症には様々な種類の細菌が関係しているため、すべての溶連菌感染症に万全?
ありえません。
人間は溶連菌感染症に限らず多様な微生物と共存していくことが重要であり、徹底した?過度な除菌!
それによって身体が安心してしまい抵抗力が衰える?
昨今増えているアレルギーはその象徴とも指摘されています。
したがって人工ワクチンに囚われない?
自分特有の自己ワクチン?
それが培われるように日々鍛えていきましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP