一過性脳虚血発作について

脳梗塞は脳内の血管が詰り、血液が行き渡らなくなるために言語障害や歩行障害などの身体に何らかの障害を引き起こす重篤な病気のひとつであり、時に死に至ることがあるので、早期発見・早期治療に努めることが大切です。
そのためには脳梗塞の初期症状を見逃さないようにすることが重要です。
ちなみに脳梗塞の初期症状は、一過性脳虚血発作(TIA:Transient Ischemic Attacks)と呼ばれることがありますが、一過性脳虚血発作の主な症状は、体の片側の麻痺やしびれ、ろれつが回らない、めまい、眼のかすみや一部が見えなくなるなどがあります。
一過性脳虚血発作が起きたケースでは、その2?3割程度が脳梗塞に進展すると言われているので、早めに適切な検査を受け、治療を始めることが求められます。
しかし名前にもあるように一過性脳虚血発作は、通常数分程度で症状が治まるので、「疲れかな?」と誤認されるケースが少なくありません。
なお一過性脳虚血発作は、動脈硬化、その基礎疾患である糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因としてあるので、日々の食生活を見直し、適度な運動を行い、定期健康診断を受けるなど、生活習慣病の予防に努めることが脳梗塞の予防のためにも大切です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP