あああ

亀頭下切除法とは

包茎の治療方法のひとつに手術があります。包茎とは包皮が勃起時であっても余っている状態なので、この余分な包皮を切除する治療法が包茎手術です。また近年、美容外科などで最も一般的に実施されている包茎手術の方法は亀頭下切除法です。亀頭下切除法は、亀頭下埋没法と呼ばれることもあります。亀頭下切除法は、勃起時のペニスの大きさに合わせて包皮を切除する手術方法であり、切除部分は亀頭の直下と陰茎体部とのつなぎ目あたりになるので、従来、包茎手術の問題点として指摘されていた手術痕について、目立ちにくくなるというメリットがあります。一方で亀頭下切除法では出血しやすい、性行為などを1カ月程度控えなければならないなどのデメリットもあります。なお包茎手術に際して、最近は出血のほとんどない電気メスを使うことが多いようです。ちなみに亀頭下切除法の実施に際しても手術痕が残る、出血が止まらない、痛みが続くなどが指摘されますが、これらは手術を行う医師の技量によるところが大きいので、包茎手術を実施する前には、費用のみならず、そのクリニック、そして医師の実績について事前にチェックすることが大切です。

関連記事

  1. pixta_14536441_M パラリンピックとは
  2. 仮性包茎と皮オナニー
  3. disabled people care help flat icons set 精神障害者、保健福祉手帳の所持
  4. Diverse Diversity Ethnic Ethnicity Unity Togetherness Concept 世界における差別
  5. 真性包茎とは
  6. 普通の生活を考える
  7. 支援施設の種類
  8. サプリメントの摂取方法によって変わる生理への効果

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP