人工の歯には効果が望めない

ホワイトニングは万能ではありません。
例えば差し歯や詰め物をしている人工の歯には効果が望めません。
つまり人工の歯に対しては、ホワイトニングで使う薬剤が反応しにくいからです。
そのため厳密な意味のホワイトニングではなく、歯のマニキュア?タイプがお奨めです。

そもそも人工の歯を白くしたければ、差し歯を取り替えるのも一法です。
また昨今では金属を使わない詰め物もあるので、歯医者さんで相談してみましょう。

なお他にもホワイトニングが適さないケースがあります。
具体的には歯周病や虫歯が酷い人です。
知覚過敏の人も控えた方が良さそうです。
歯医者さんで実施するホームホワイトニングであっても、薬剤が染みる!
痛みを伴う事例が少なくありません。

一方神経を抜いてしまった歯は黒ずんできますが、これもホワイトニングでは色を戻せません。
したがって塗るパターンが求められるでしょう。
もちろん入れ歯もホワイトニングの対象ではなく、黄ばんできた?
新しく作り直す!
今なら人工の歯?とも思えない材質があります。

ちなみにインプラントも人工の歯ですが、こちらは初めから白い歯?
年齢相応に?周りの歯と色を合わせた方が自然に見えるので、違和感がなくなります。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP