あああ

人権侵害問題について

それぞれの人の心の中には、マンガにあるように、天使と悪魔が存在しています。
そして常に理想と現実の狭間を行き来しており、日本人は特に本音と建前の間で揺れています。
もちろん物理的、経済的、精神的に余裕があればボランティアを含めて、他人に優しい態度をとることができますが、それを日々行え!というのは酷でしょう。
そのため障害者に対する人権侵害問題は後を断ちません。
ちなみに人権侵害問題は障害者のみではなく、身分差別、民族差別、性差別、さらに苛めの問題もあるので広範囲に及びますが、すべてその根源には、自分とは異質なものを排除したい、同格と認めがたいという意識があるようです。
なお障害者に対する典型的な人権侵害問題は、知的障害者を蔑視したり、障害者の給与を低くしたり、時に女性の障害者への暴行などがあります。
これらは皆人間の心の奥に住む「悪魔」の行いであり、理屈では解決できないようです。
と逃げてばかりでは何も変わらないので、障害者を含めた人権侵害問題を解消するためには、小さなことから少しずつ、目を逸らさずに地道に取り組んでいくこと、加えて健常者に向けた人権侵害問題に関する継続的な啓蒙活動が大切です。

関連記事

  1. 経営は適切な人員配置が必要
  2. セックスの持続時間
  3. 真性包茎とは
  4. one handicapped disabled man in silhouette studio on white background 通訳について
  5. 必ず隠す性格は将来治らない
  6. 気にすべきは衛生面
  7. 「生理が重い」の意味とは
  8. 自力で直す際には注意

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP