あああ

仮性包茎とは

包茎の種類の中でも、日本人に多い包茎の種類は仮性包茎と言われています。時に仮性包茎の割合が全男性の半数以上とするデータもありますが、明確な統計があるわけではないので、その数字に一喜一憂する必要はありません。なお日本人に包茎が多いと言われる理由は、諸外国では宗教上の理由から通過儀礼として包皮を切除する割礼が行われることが多く、基本的に包茎になりえないためであり、日本人が人種的に包茎になりやすいためではないようです。ちなみに仮性包茎も2つの種類があり、通常は包皮をかぶっていても勃起時には亀頭が露出するケースと、勃起時に手でむかないと亀頭が露出しないケースです。前者の種類では、放置していても問題はありません。入浴時などに包皮をめくり亀頭を洗浄できるのであれば、病気になる可能性も少なく、性交もスムーズに行えるでしょう。しかし後者の種類の仮性包茎であれば、正常な状態とは言えないので、手術を受けることをお奨めします。現在は、包茎手術の種類としても仮性包茎のケースはそれほど大変な手術ではありません。何といっても包茎は精神面の負担も大きいので、将来的な性機能障害を防ぐ意味でも、気軽に医療施設で相談することが大切です。

関連記事

  1. pixta_11426029_M 肝臓機能障害とは
  2. 障害者相談支援が悲劇を防ぐ
  3. 生理周期1
  4. 包茎手術は入院の必要がない
  5. 携帯電話割引制度とは
  6. 包茎の何が恥ずかしいのか
  7. pixta_18106716_M 雇用対策の現状
  8. 包茎根部接着法とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP