伝染性膿痂疹でかゆみを誘発

溶連菌感染症には様々なタイプがあります。
通常は発熱や喉の痛みが主症状になりますが、皮膚に発疹が現れるパターンも散見されます。
この場合は猛烈なかゆみに襲われます。
大人であってもかゆみを我慢する?
大変です。
しかし溶連菌感染症は子供に多発する?
子供にかゆみを我慢させる?
至難の業です。
子供はかゆみの部分を掻き毟り、状態を悪化させる!
どうすべきか?
医師に薬を処方してもらいましょう。

溶連菌感染症に限りませんが、皮膚病の薬は適量を塗布されていない!
多々報告があります。
アトピー性皮膚炎が典型例のようですが、十分な量を塗らないと効果が認められません。
多すぎてもいけませんが、医師や看護師さんの説明を正しく理解しましょう。

なお溶連菌感染症では、伝染性膿痂疹とも称される、いわゆるとびひにもなります。
一般的なとびひは黄色ブドウ球菌が原因ですが、溶連菌も稀ではありません。
とびひもかゆみを誘発し、引っ掻いた手で触った部位が新たな患部になります。
こちらも薬でかゆみを抑えるしかありません。
溶連菌感染症は油断しなければ深刻な症例に至りませんが、中途半端な治療や対応だと治りが遅い?
再発を繰り返すことになるため、真剣に向き合いましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP